2020-07

名著

『代表的日本人』の書評とサクッと要約|内村鑑三が伝えたかったこと

内村鑑三が本書『代表的日本人』を世に送り出したのは1907年。この本はタイトルの通り日本を代表する人物について、内村鑑三が自身の考察を含めて記したものです。その時代を背景とした使命感を帯びた書でもあります。 この頃、時同じくして新渡...
ビジネス

『なぜ人と組織は変われないのか』の書評とサクッと要約|裏の目標と向き合う

事情が分からないので批判をするつもりはありませんが、アベノマスクと揶揄された布製マスクが全国民に配布され、2020年7月下旬に再び送付先を限定しつつも8000万枚を配布するという報道がありました。初動での配布は先行きの不透明性からその配布...
ビジネス

『アフターデジタル』の書評とサクッと要約|オフラインがなくなる世界でのビジネス

もうすでにこの本、『アフターデジタル』の続編『アフターデジタル2 UXと自由』がすでに発売されているところなのですが、先日オンラインでのアクティブ・ブック・ダイアローグ®で読んでみました。 アフターデジタルという言葉はカッコいいよう...
ビジネス

『世界標準の経営理論』の書評とサクッと要約|理論には事象の再現性がある

わたし、30歳を超えてから経営学を修めた(いわゆるMBA)んです。その頃、やたらとフレームワーク脳になっていたのですが、学びも後半になるにつれ時間お疲労感から、省エネ思考になった結果、「原理原則」ってすごい大事だなって身に染みたんですよ。...
名著

夜と霧(フランクル)の書評とサクッと要約|苦しみの先に何かが待っている

気が付けば「年取ったなあ」と思うことがあります。身体的なところはさておき、メディアで見かける有名人になんと年下の多いことか…特にスポーツの代表選手とかは憧れだった当時の選手たちをすでに通り越してしまい、厨二心に描いた自分にはすごい力がある...
自己啓発

FACTFULNESS(ファクトフルネス)の書評とサクッと要約|ドラマチック本能が人を惑わす

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』に書かれていることは、今まさに新型コロナウイルスの感染によって翻弄される人間の本能がどういったものかを考える、大きなヒントになるなと...
タイトルとURLをコピーしました