マンガ

Amazonほしい物リスト2020

『人生を変える「ドラえもんセレクション」」おとなになるのび太たちへ』の書評とサクッと要約

昨年、Amazon欲しいものリストで頂いた本のレビューも今回が最後、38冊目。 『おとなになるのび太たちへ』は、漫画『ドラえもん』のなかから、著名人がセレクションして構成されたもの。ドラえもんの1話1話をテーマにして、それぞれの道で...
Amazonほしい物リスト2020

『攻殻機動隊 1巻』の感想|1989年に生まれた電脳世界のSF

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は、僕が小学校の頃(10歳くらい?)、すでに大人のアニメの濃いファン層に人気なんだろうなって思った記憶があります。 町のレンタルビデオ屋ってありましたよね。そこのアニメコー...
Amazonほしい物リスト2020

『癒されたい日のぼのぼの 』の感想|こどもの頃の想像力と冒険心

1995年にアニメ化もされた『ぼのぼの』。そのころ僕は小学生だったかな。アニメ化される前に、近所のお兄さんが漫画を持っていたので、もともと漫画も読んで知ってはいましたが、アニメ化されてから、自分でも漫画も集め始めました。30巻も過ぎる頃に...
Amazonほしい物リスト2020

『宇宙兄弟 25 26』の感想|南波六太、月に立つ…前に手をつく

『宇宙兄弟』は、『キングダム』を買い集める前に、自主的モチベーション維持プログラムとして「週1漫画ルーティン」をやっていた時に読み始めました。私がソシャゲ事業開発時代の全盛の時だったかもしれません。 日々のクレームとバグ対応に追われ...
マンガ

『キングダム 60』の感想|呂不韋、奇貨居くべしの行方

59巻で長きにわたる趙との対戦が終わり、『キングダム』はいつも通り、内政ターンに入っています。まあ、ちょっとだけで、巻の半分過ぎるともう戦争ターンに戻ってしまいますが…。59巻では主人公である信が、「李(り=すももの意)」という姓を得まし...
Amazonほしい物リスト2020

『キングダム 59』の感想|キングダム史上、一番共感できたセリフが出現

Amazonほしい物リストを使って、誕生日に本をおねだりした中に入れておいた漫画の1冊が『キングダム59巻』。9月当時、この59巻が最新刊として発売というタイミングだったため、毎回最新刊を購入していたわたしにとって、9月後半の誕生日の開封...
タイトルとURLをコピーしました