名著

Amazonほしい物リスト2020

『自由からの逃走』の書評とサクッと要約|近代人は自由を得て孤独になった

2週連続で激ムズでした。『自由からの逃走』はエーリッヒ・フロムの本。 近代人は、「自由を得る代わりに孤独になった」というのはとても興味深い考え方。『愛するということ』では孤独から脱却するための解決策として「愛」と導いていました。連作...
Amazonほしい物リスト2020

『「空気」の研究』の書評とサクッと要約|空気とは科学的根拠も歯が立たない妖怪であり超能力

山本七平氏の『空気の研究』は、いわゆる「空気を読む」の空気について考察した本。いまだかつてない激ムズ案件でした…。たぶんなのですが、それまでほとんどの日本人があると分かっていた「場の空気」というものを、初めて考察したものなのではないでしょ...
Amazonほしい物リスト2020

『古事記(100分de名著)』の書評とサクッと要約|日本の成り立ちの裏側も見える歴史書

古今東西、神話ってなぜか面白い。『古事記』も漏れなく面白い。 とりわけ古事記の面白さというのは、100分de名著で解説されている三浦佑之さんが全体を通して描かれている、『日本書紀』との違いの部分。それは通常、国家の歴史書として時の支...
Amazonほしい物リスト2020

『万葉集(100分de名著 )』の書評とサクッと要約|1300年前の人々の言葉に耳を傾ける

『万葉集』って、日本史でも習いましたし、その存在自体を知らない人ってほぼいないですよね。でも『万葉集』に収録されている歌にどんな歌があるかを知っている人というのは、そうそういないのではないでしょうか。 今回、NHKの100分de名著...
Amazonほしい物リスト2020

『モモ』(ミヒャエル・エンデ)の書評とサクッと要約|時間とは何か

ミヒャエル・エンデの『モモ』。2020年8月にNHKの『100分で名著』で取り上げられたタイミングで、読み直したという人が多いみたいですね。ちなみに、わたしくはこのときまで、『モモ』という本があることすら知らなかったです。すいません… ...
名著

『愛するということ』の書評とサクッと要約|愛とは与えること

エーリッヒ・フロムの『愛するということ』。タイトルだけではなかなか手に取りにくい本。 ということもあって、アクティブ・ブック・ダイアローグ®を開催したものの、6名と少人数となりました。ただボリュームは少ないですし、テーマとしても自分...
名著

『武士道』(新渡戸稲造)の書評とサクッと要約|自分に打ち克つ

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」というのは、あまりにも有名な『葉隠』の一節。そもそも「武士道」と言う言葉は、新渡戸稲造が外国人向けに著したこの『武士道』から広まったもいわれるそうです。 武士道、すなわち日本男児の心に宿る伝統的精...
名著

『思考の整理学』(外山滋比古)の書評とサクッと要約|グライダーではなく自力で飛翔する力を持とう

2020年7月30日に外山滋比古さんが亡くなられたというニュースが飛び込んできました。外山さんと言えば『思考の整理学』。どうも「東大・京大で一番売れた」という触れ込みがあるおかげで、ついつい買ってしまったものですが実は一度手放しました。 ...
名著

『孫氏』の書評とサクッと要約|世界最古の兵法書

私が10代前半のころ、『真・三国無双2』というコーエーのゲームが流行りました。私も例外ではなくすぐにシミュレーションゲームの三国志シリーズにも手を出したんです。そこから中国の歴史に興味を持つようになり、陳舜臣、宮城谷昌光といった作家の小説...
名著

『代表的日本人』の書評とサクッと要約|内村鑑三が伝えたかったこと

内村鑑三が本書『代表的日本人』を世に送り出したのは1907年。この本はタイトルの通り日本を代表する人物について、内村鑑三が自身の考察を含めて記したものです。その時代を背景とした使命感を帯びた書でもあります。 この頃、時同じくして新渡...
タイトルとURLをコピーしました