ビジネス系書籍のレビュー

ビジネス系の書籍のレビュー

Amazonほしい物リスト2021

『メタバースとWeb3 』の書評とサクッと要約|バーチャルファーストな世界

最近ネットビジネス界隈で話題になる未来の世界。『メタバースとWeb3』です。毎年のようにこうしたビッグワードは出てくるものの、一気に話題になってからあまり耳にしなくなるのも聞かなくなるのも早い。 昨年ビッグワードになったので記憶に新...
Amazonほしい物リスト2021

『2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義』の書評とサクッと要約|Do your homework!

『2020年6月30日にまたここで会おう』は、瀧本哲史さんの本。瀧本さんはエンジェル投資家として多くの起業家を陰で支援されていましたが、若者(特に20代)に向けて、これから本格的な資本主義の世界で戦える武器を配ろうと様々なところで講演をさ...
Amazonほしい物リスト2021

『コミュニティ・オーガナイジング』の書評とサクッと要約|仕方がないを、仕方があるへ

『コミュニティ・オーガナイジング』は、普通の人が仲間を集め、輪を広げ、コミュニティの力で社会変革を促していく方法論。「社会運動」というと、ちょっと怖いというか、メディアを通したやや過激なイメージを連想してしまいがち。 社会運動とは、...
Amazonほしい物リスト2021

『多様性の科学』の書評とサクッと要約|画一的な組織では盲点に気づけない

今回はストックから『多様性の科学』をアップ。しかも珍しく数日出張であったために本を読む時間が取れず、久々に週1更新を守れず… 実は出張も多様性を考えるいい機会になりました。スタートアップ企業、ベンチャーキャピタルなどが集まる大きなイ...
Amazonほしい物リスト2021

『コンテナ物語』の書評とサクッと要約|世界を変えたのは「箱」の発明だった

『コンテナ物語』かなりボリュームがあったため、速読気味で読み進めましたが、とても面白かったです!以前から、Youtubeで元・2ちゃんねる管理人のひろゆき(西村博之)さんが、面白い本としてご自身の配信内で『コンテナ物語』を挙げていたので気...
Amazonほしい物リスト2021

『僕は君たちに武器を配りたい』の書評とサクッと要約|本物の資本主義との戦い方

瀧本哲史さんの『僕は君たちに武器を配りたい』。瀧本さんの本を読んだのは『ミライの授業』に続き2冊目です。瀧本さんは、若い人を応援、支援したいという想いから本にまとめているものが多いんですね。この本も、現役の大学生や、これから新社会人になる...
Amazonほしい物リスト2021

『なるほどデザイン』の書評とサクッと要約|デザインもクリティカルシンキング

デザインというのは、アートと違ってロジックが存在する気がします。今回『なるほどデザイン』本を読んで思ったのは、デザインはコミュニケーション、プレゼンテーションと同じなんじゃないか?ということです。 ロジカルシンキング、ないし…そう、...
ビジネス

『「わかりあえない」を越える』の書評とサクッと要約|共感をもって他者とつながる

NVC(Non-Violent-Communication)を提唱する、マーシャル・B・ローゼンバーグ氏のアップデート本、その名も『「わかりあえない」を越える』。タイトルにまず、惹かれますね。わかりあえないを越えられるなんてことがあるんで...
Amazonほしい物リスト2021

『嫌われる勇気』の書評とサクッと要約|すべての悩みは人間関係

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』って2013年の発売なんですね。ベストセラーランキングなどを見ると、いまでも売れ続けている時代を問わないベストセラーになっています。 本書がきっかけで、アドラーという心理学者の名前は...
ビジネス

『AI時代のキャリア生存戦略』の書評とサクッと要約|テクノ失業の波に抵抗する3つの戦略

『AI時代のキャリア生存戦略』は、わたしのMBA同級生のくらっしー(倉嶌さん)の本。なんだかんだ大学院では、1科目しか同じ時間を過ごしていなかったかもしれないけど、いろんな場面で登壇している機会もあったし、SNSでの発信も多いので活躍され...
タイトルとURLをコピーしました