ビジネス

ビジネス

『HARD THINGS(ハードシングス)』の書評とサクッと要約|人生は苦闘だ!ネットスケープの新規株式公開から苦難の連続

『HARD THINGS(ハードシングス)』は、ベン・ホロウィッツの自伝的なビジネス書。簡単にいうと「私を見て学びなさい!」的な本。 前半の3章がベン・ホロウィッツ自身が経験した困難な局面の数々が描かれたストーリーで、後半4章からは...
ビジネス

『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』の書評とサクッと要約|朝食に学ぶマネジメントの極意

『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』を読んで思った個人的理想のマネジメントは、「マネージャーが何もしなくても機能する組織を作る」だったんですよ。これは本書で述べられていることとは全然異なるのですが、もしもそういうチームが作れた...
ビジネス

『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』の書評とサクッと要約|競争ではなく独占せよ!

ピーター・ティールと言えば、ペイパルの創業者として有名ですが、つい先日の2020年9月30日には彼が設立した「パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)がニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場したというニ...
ビジネス

『WHYから始めよ!』の書評とサクッと要約|WHYによって人々を操作せず鼓舞させる

起業をする人たちの失敗例として、「お金儲けが目的なっている」ということが挙げられることがあります。『WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う』のなかでサイモン・シネック氏が語るには、リーダーたちであったり、人々を熱狂させる商...
ビジネス

『シン・ニホン』の書評とサクッと要約|日本の勝ち筋、若い人に投資する国へ

最近、会社の有志でPythonを学習し始めました。プログラミングって基礎素養なんではないか?という思い、どうも外注してしまうとコストもかかるし時間もかかる、思ったことは伝わらない、悪いことばかりじゃないか…という観点から自分でできるよにな...
ビジネス

『哲学と宗教全史』の書評とサクッと要約|神を作った人間が科学に左右される時代に見る景色とは?

『哲学と宗教全史』を読もうと思ったきっかけは2つあります。『サピエンス全史』や『父が娘に語る経済の話』を読んでから、宗教の成り立ちに興味をもったこと。それから、哲学についてはそれぞれの哲学者を覚えるのは無理だと思っていたので、流れだけでも...
ビジネス

『リーンスタートアップ』の書評とサクッと要約|資源をムダにしない起業のマネジメント

ベンチャーマネジメントの基礎が詰まっている『リーンスタートアップ』。これを読んだから起業が必ず上手くいくなんてことはないでしょうが、構築→検証→学習というこのサイクルが非常に密に連携してどんどんプロダクトが研ぎ澄まされ、事業が加速していく...
ビジネス

『D2C 世界観とテクノロジーで勝つブランド戦略』の書評とサクッと要約|顧客との共創

D2Cというと、どうしてもドコモ・電通・NTTの3社の共同出資のモバイルマーケティング企業を想起してしまうんですが、ここでいうD2Cはそうではないです。Direct to Customerという言葉です。世界共通語かと言うとそうでもないら...
ビジネス

『影響力の武器: なぜ、人は動かされるのか 』の書評とサクッと要約|人にイエスと言わせる6つの戦術

「この記事は今日しか見れないので、最後まで読んでください!」って言ったらどのくらいの人が読んでくれるんでしょうか(^^; 『影響力の武器』をさっそく使ってみたのですが、そもそもこのブログで扱う内容にそこそこの価値がないと効果はないですね…...
ビジネス

敵とのコラボレーションーー賛同できない人、好きではない人信頼できない人と協働する方法ーー(アダム・カヘン)の書評とサクッと要約

VUCAの時代と言われますが、この10年ほど私たちをとりまく社会的あるいは文化的な環境はますます複雑になっています。テクノロジーが進歩するにつれ、多種多様な価値観がそれぞれ独立性をもって幅を利かせる世の中と言ってもいいかもしれません。 ...
タイトルとURLをコピーしました