『「死」とは何か』の書評とサクッと要約|死について考えることは、どう生きるかについて考えること

DEATH「死」とは何か 文化

『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』はイェール大学で23年連続で開講している屈指の人気講義をまとめたものだそうです。

僕が読んだのは、日本向けにまとめられた縮約版ですが、2019年に完全翻訳版が出たそうですね。

ということはですよ!
完全ではなくてもだいたい内容はまとまってると考えていいんじゃないでしょうか。縮約版でも実は日本での刊行に当たって割愛したところでの大事な部分をシェリー先生が語っているので(^^;

内容はというと、めちゃくちゃ難しい。何を言っているか分からない。


わからないのですが、僕自身、実は読むのは3回目。だいぶ自分にとって有益なエッセンスは絞り出してますが、人様に語れるレベルには達していないですかね…

シェリー先生の課題意識とメッセージはいつもの通り、紙にまとめてみました。学者先生ですので、結論に至るまでに合理的に述べられているのですが、それは割愛します…

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版 | シェリー・ケーガン, 柴田裕之 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでシェリー・ケーガン, 柴田裕之の「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版。アマゾンならポイント還元本が多数。シェリー・ケーガン, 柴田裕之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

サマライズ(本の概要と要約)

『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』の要約
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』の要約
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』の要約

著者の課題意識
誰もが「やがて死ぬ」とわかっている以上、「どのような生き方をすべきか」という疑問について慎重に考えるべきだ。

解決方法
もし死が一巻の終わりなら、自分が何者であり、わずかな時間をどう使っているかを意識することが大切だ。

内容
●死を恐れることはない
人格機能(記憶、意志など)が停止したら死ぬのか、身体機能(心臓、肺など)が停止したら死ぬのか。もし人格機能がない状態が死だとしたら、人格があるとは言い切れない赤ん坊は死んでいることになる。脳死の状態は死なのか。
死ぬとはただ、身体が作用し壊れるだけ。

●不死が良いわけではない
永遠に生きたいと思う「今」と同じ経験を続けられるか?ずっと同じ趣味と価値観で過ごすことができるのだろう。1000年生きたとして、そのとき身体も記憶も変わっているとしたら、今の私と同一人物と言えるか?

●死は剥奪説
死とは、生きていたら経験できることが奪われること。人が死を恐れるのも、生きていたら経験できる良いことを享受できなくなるということから。したがって、良い人生とは死んだ後の価値がマイナスになるときで、悪い人生とは死んだ後の価値の方がプラスになるときだ。

●自殺について
「生きててよかった」があるなら「死んでよかった」もあっていい。しかし自ら死ぬということは、回復の可能性をすべて断つことである。したがって、否定はしないが推奨はしない

●死を免れない私たちはどう生きるべきか
人生は何かをやるには短い。追求するべき価値のあることに取り組むのがいいだろう。まずは達成可能性のあることをすること。死ぬ死なない以前に、人生を台無しにしないことが大事だ。

『死とは何か』とは

『死とは何か』の内容は、繰り返しになりますが、副題にもある通りイェール大学でシェリー・ケーガン氏が20年以上講義をしている内容をまとめたものです。

ちなみに私がこの本を購入したころは縮約版として発売されていました。その省かれてしまった該当部分は文響社さんのほうでPDFで公開していたりします。

●文響社さま
『死とは何か』原書縮約部分

現在は完全版が発売されていますので、購入するのであれば完全版のほうがよさそうです。

著者シェリー・ケーガン

イエール大学哲学教授。道徳・哲学・倫理の専門家。「死」をテーマにしたイエール大学での授業は、17年連続で「最高の講義」に選ばれているそうです。ちなみにGoogleで画像検索するとだいたい教室においてある教壇(テーブル?)に乗っかて胡坐をかいて説明している様子がヒットします。

本の解説と感想

死の本質とは?

まるで哲学のような問いがずっと続くのですが、屁理屈のような気にもなってきます…

「死んでいる」という状態と「生きている」という状態は、いったいどのようなものなんでしょうか。人間は誰もが死ぬと分かっているのに、「死」というものの本質について考えたことがある人はたぶん少ないですよね。死についてのシェリー先生の結論は、多くの人が「そりゃそうだ」と考えていることです。「身体が壊れる」ただそれだけです。

シェリー先生はまず、人間の機能を「P(パーソン:人格)機能」「B(ボディ:身体)機能」に分類しました。P機能とは人格や記憶や意識です。B機能とは身体を構成する心臓などを指しています。そしてシェリー先生は問いを投げていきます。人にとって「死」とは、意志決定ができなくなるP機能の喪失なのか?と。

P機能は人格や記憶の機能ですが、これがない状態というのはいくつか考えられます。まずは脳死状態で、これはB機能は機能しているのに、意識や記憶がありません。他者から見れば生きている状態でも、本人にとっては…?難しい問題ですね。それから赤ちゃんはどうでしょう。赤ちゃんはまだいいかもしれませんが、睡眠しているときや気を失っているときも意識はありません。

B機能は呼吸をしたり血液を流したり、肉体そのものなどです。これは一部機能しない場合もあることもありますが、生まれてからずっと機能しています。B機能がすべて停止した場合、P機能も喪失することになり、その物体は死体です。

ということで、どちらの停止がより死に決定的かと言うとB機能の停止が決定的です。「身体が作動し壊れる。死とはただそれだけ」と結論付けています。
そして後で論証しようとしていますが、意識だけあり別の身体を媒介にして生きていくことができたとしたらその状態はどうなのか?という問いも出てきます。

死は悪いことなのか?

僕らはなんとなく「死」というものから忌避しようとしています。個人的な話ですが、私が小さいころアニメ版のドラゴンボールで孫悟空が心臓病で苦しんでいる姿を見てものすごく死に恐怖した記憶があります。未来からトランクスが来て、未来を知っているトランクスは孫悟空の死を知っているわけです。未来のブルマから託された薬で助かるわけですが、幼心に恐怖をもったのは、「悟空がいれば世界が救える」という希望が喪失されてしまうからだったのかもしれません。

大人になっても死ぬことは怖いです。まだまだやりたいことたくさんありますしね。

さて、「死が悪いことか?」という問いにはいくつかの方法で答えることができます。

ひとつは、「不死は良いことか?」という観点からの検証です。古来より不老不死を求めた為政者は少なからず存在しました。秦の始皇帝もそう言われています。不死を求めるとうことは死ぬまでにできないことがあるということなのかもしれません。しかし何らかの方法によって1000年生きたとして、それは「私」なのでしょうか?シェリー先生はそう投げかけます。つまり、B機能が停止したとしてもP機能が存続している状態です。そのP機能はわずか50年の間にも趣味や価値観が変わるというのに、永遠に生きた私は、身体を何回も入れ替え、もはや1000年前の記憶や興奮など忘れ去り交友関係も違っているでしょう。それはもはや「今の私」と同じと言えるのだろうかとうのです。

うーん、なんか屁理屈なような。確かに永遠に生きたいと思った私の状態と違うのであれば、不死になった意味って何なんだろうとは思う。そう考えると、死と言うのは永遠の退屈を終わらせてくれるキッカケになるので悪いこととは言えなそうです。

そしてもう一つ、なぜ「死を恐れるのか?」という問いについての考えることです。死ぬというには生きていれば享受できるはずの良いことが享受できなくなるので、死は悪いことかもしれません。しかし生きていたら悪いことも起こるかもしれないので、「死は良いこと」とも言えそうです。

この考え方で言うと、「死が悪い」と言えるのは死後の価値がプラスになることで、「死が良い」と言えるのは、死んだ後の価値がマイナスになるときです。

ああ…だんだん何を言ってるのか分からなくなってきました。

自殺は可能性を断つ行為

自殺については非常にセンシティブな話ではあります。シェリー先生は自殺は推奨しないと言っています。これには愛情があるように思います。

さきほど、死んだ後の価値がマイナスになるとき「いい人生」であるという話をしました。シェリー先生は自殺に関する章の中で、「生きててよかった」があるならば「死んでよかった」もあっていいと言っています。これは先ほどの話と繋がっています。

しかし、シェリー先生が自殺を推奨しないのは、「自殺は回復する可能性を全て完全に断つ行為だから」だと言っています。

僕もそう思います。生きていれば経験できるいいことが待っているかもしれないので、自殺なんて選択してほしくはありません。『夜と霧』でもフランクルが「苦しいことは何かを成し遂げる過程」「生きていればあなたを待っている何かがある」と収容者に言い聞かせていました。それは大変共感するのですが、当人にしてみれば、あるいは私自身がその選択をするところまで来たとしたなら、未来の希望まで考えられるのでしょうか。ちょっとモヤモヤします。

どう生きるか?

死について考えるということは、「どう生きるか」という問いとセットで考えることになると、シェリー先生は言っています。

それはこれまでの内容から分かる通り、「死」の本質の答えを出すには生きているという状態は何かを定義しないといけなかったり、死が悪いことかを考えるには永遠に生きることが良いことかを証明しなければなりません(シェリー先生は自分が満足した段階まで生きることが望ましいとしている)。

人生は何もしないとしたら長く、何かをするには短いので、とにかく価値があることを力を注ぎ、やりたいことをやり切ることに全力を尽くさなければなりません。何に価値を見いだしどう実現するかを真剣に考えろと、シェリー先生は言っていると解釈しました。

まとめ

死について考えることが、すなわち「どう生きるか」を考えること、というのがシェリー先生の訥々した説法のような内容でよくわかりました。本書はなかなかややこしい話ではありましたが、メッセージが何かを分かったうえで読んでいくと納得性のあるものかなと思いました。無為に生きるのではなく、達成可能性があり、やるだけの価値があることをしっかり考えてみることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました